会社経営を助ける新たな方法!ファクタリングサービスを知る

Factoring

運転資金不足に困ったらファクタリング

スーツの女性

不測の事態などで会社の運転資金が不足してしまう事は、現代のビジネス世界において珍しい話ではありません。運転資金の中には提携している下請け企業への報酬支払いというのがあります。せっかく下請け企業が頑張って仕事を行ってくれたというのに、運転資金不足を理由に契約金額を払う事ができないようであれば、せっかく築いたビジネスパートナーとしての信頼を下げる深刻な損失を生んでしまうでしょう。それを防ぐ手段として有効なのが、売掛金を買い取るファクタリングという手段です。
とにかく今すぐ下請け会社へ支払いが必要となった際、銀行融資などが困難であればファクタリングによる運転資金調達が確実です。手数料が取られてしまうものの、前述した「信頼」をお金で買えると考えた場合、その金額は決して高いとは言えないでしょう。目先の少ない利益だけに捉われていると、長期的で健全な会社経営の思わぬ妨げとなるでしょう。
ファクタリングはスピーディーなサービスが基本ですから、運転資金調達が難航した時は本当に頼りになります。手数料により会社の利益は少し下がってしまいますが、下請け企業との良好な信頼関係をスマートに維持するためのとっておきの手段として覚えておいて下さい。

資金繰りに悩むなら即日資金調達が可能なファクタリング

資金繰りに悩んでいる会社経営者の方はたくさんいらっしゃると思います。ビジネスの場でサービスや納品よりも支払いが後日になるというのは珍しくないケースです。なので、現金が足りないということが起こってくるのです。これはどの会社も言えることで、1つの会社に限ったことではありません。

なので、資金繰りで悩むことは会社経営にとっては当たり前のことだと言ってもいいでしょう。しかし、悩んでいるだけでは即日現金というのは夢のまた夢です。売掛金をどうにか即日現金に換える方法は無いのかと考えたことはありませんか?売掛金はいわば未払いの請求です。それの期日を変更することは契約上不可能です。だとしたら、この売掛金を買い取ってくれないだろうか。

それこそがファクタリングサービスなのです。あまり聞き馴染みが無い言葉かもしれません。ファクタリングとは取引先への売掛金を即日現金で買い取ってくれるサービスです。無駄な審査や担保が必要無いので、即日の現金のお渡しが可能です。ファクタリング会社もたくさんあるので、掛かってくる手数料や契約が簡単や即日対応してくれるなど、様々な点で見極めが必要となってきます。正しい目で判断し、ビジネスを成功させましょう。

ファクタリングサービスとはどんなもの?

ファクタリングには、3社間取引と2社間取引の2つのサービスがあります。売掛先によっては、このどちらかを慎重に選ばなければ信頼を失うことになってしまい、最悪取引が打ち切りになってしまう事も考えられますので、この2つのサービスは予め把握しておかなければなりません。今回は、3社間取引ファクタリングと2社間取引ファクタリングの違いについてご紹介します。
まず3社間のファクタリングでは、ファクタリング会社に請求分を一度渡しておき、すぐに支払われるという形です。この場合、売掛先の会社はファクタリング会社にお金を支払い、ファクタリング会社から渡しておいた請求分を発送するという事になります。しかしこのサービス、日本ではまだ低い認知度で、理解できない企業も多くなっており、信用を失ってしまう事になりかねません。
そして2社間のファクタリングでは、ファクタリング会社に請求分を発送する事なく通常取引の形になります。この部分で、信用を失う事はまず考えられません。さらに資金は最短即日で調達されるので、3社間のファクタリングよりも迅速な資金化が期待できます。そして、取引先から売掛金の入金がされたら、その費用をファクタリング会社に支払うという形です。最近ではこの2社間取引サービスが主流になっており、取引先からも信用を失わず、さらに迅速に資金を調達出来ることから、非常に人気を集めています。